蛇結茨(じゃけついばら)

この歌の「皀莢」に比定される植物の一つ。
かわらふじ。

高宮王、数種の物を詠む歌二首(1)

皀莢(さうけふ)に 延ひおほとれる 屎かづら 絶ゆることなく 宮仕へせむ        (16−3855)

(皀莢にはいまつわりついている屁屎葛〈へくそかづら〉のようなものではありますが、途絶えることなく天皇にお仕えいたします)