譲葉

  吉野の宮に幸しし時、弓削皇子、額田王に
  贈與る歌一首
古に 恋ふる鳥かも 弓絃葉(ゆづるは)の 御井の上より 鳴き渡り行く
                     (二ー一一一)

  額田王、和へ奉る歌一首
  〈大和の都より奉り入る〉
古に 恋ふらむ鳥は 霍公鳥 けだしや鳴きし わが念へるごと
                     (二ー一一二)