黄泉津比良坂伝承地

故、其の伊邪那美)命を号けて黄泉津大神と謂ふ。亦云はく、其のおひしきしを以ちて、道敷大神と号くといふ。亦其の黄泉の坂に塞りし石は、道反之大神と号け、亦塞り坐す黄泉戸大神とも謂ふ。故、其の謂はゆる黄泉比良(よもつひら)坂は、今、出雲国の伊賦夜(いふや)坂と謂ふ。
                     (神代記)