蓬(よもぎ)

  國の掾久米朝臣廣繩(ひろのり)、天平二十年に、朝集使に附きて京に入り、その事畢りて、天平感寶元年閏五月二十七日に本任に還り到る。仍りて長官の館に詩酒の宴を設けて樂飮す。時に主人守大伴宿禰家持の作る歌一首 短歌を并せたり
大君の 任(まき)のまにまに 執(と)り持ちて 仕ふる國の 年の内の 事かたね持ち 玉桙の 道に出で立ち 岩根踏み 山越え野行き 都べに 參ゐしわが背を あらたまの 年往き還り 月かさね 見ぬ日さまねみ 戀ふるそら 安くしあらねば 霍公鳥 來鳴く五月の 菖蒲草 蓬(よもぎ)蘰(かづら)き 酒宴(さかみづき) 遊び慰(な)ぐれど 射水川 雪消(ゆきけ)溢(はふ)りて 逝く水の いや●しにのみ 鶴が鳴く 奈呉江(なごえ)の菅の ねもころに 思ひ結ぼれ 嘆きつつ 吾(あ)が待つ君が 事をはり 歸りまかりて 夏の野の さ百合の花の 花咲(ゑみ)に にふぶに笑みて 逢はしたる 今日を始めて 鏡なす 斯くし常見む 面變(おもがは)りせず(18−4116)
  反歌二首
去年の秋相見しまにま今日見れば面やめづらし都方人(みやこかたひと)(18-4117)
かくしても相見るものを少くも年月經れば戀しけれやも(18-4118)