款冬(やまぶき)

  十市皇女薨りましし時、高市皇子尊の
  御作歌三首
三諸の 神の神杉 夢にだに 見むとすれども 寢ねぬ夜ぞ多き                    (二ー一五七)
三輪山の 山辺真麻木綿 短木綿 かくのみゆゑに 長くと思ひき                  (二ー一五八)
山振(やまぶき)の 立ちよそひたる 山清水 酌みに行かめど 道の知らなく            (二ー一五九)
    紀に曰はく、七年戊寅夏四月丁亥の朔の癸巳、
    十市皇女卒然病発りて宮の中に薨りましぬとい
    へり。