八重垣神社

故、ここをもちて其の速須佐之男命、宮造作るべき地を出雲の国に求(ま)ぎたまひき。爾に須賀(すが)〈この二字は音を以ゐよ。下は此れに效ヘ〉の地に到り坐して詔りたまひしく、「吾、此地に来て、我が御心すがすがし」とのりたまひて、其地に宮を作りて坐しき。故、其地をば今に須賀と云ふ。この大神、初めて須賀の宮を作りたまひし時、其地より雲立ち騰(のぼ)りき。爾に御歌を作(よ)みたまひき。其の歌は、
  八雲(やくも)立つ 出雲八重垣
  妻篭(つまご)みに 八重垣作る
  その八重垣
ぞ。ここに其の足名椎神(あしなづちのかみ)を喚(よ)びて、「汝は我が宮の首(おびと)任(た)れ」と告言(の)りたまひ、また名を負せて、稻田宮主須賀之八耳神(いなだのみやぬしすがのやつみみのかみ)と号(なづ)けたまひき。