薮柑子

     春日王歌一首 [志貴皇子の子。
               母は多紀皇女と曰す。]
足引の 山橘の 色に出でよ 語言ひ継ぎて  あふこともあらむ (四ー六六九)

    寄草
紫の 絲をぞ吾が搓る 足ひきの 山橘を 貫かむと念ひて  (七ー一三四〇)

   雪日作れる歌一首,
この雪の 消へ遺る時に 去來歸奈 山橘の  実の光(て)るも見む  (一九ー四二二六)
  右一首十二月大伴宿祢家持作之

山橘に比定される