畝火山

 故、(神倭伊波礼毘古命は)かくあらぶる神等を言向(ことむ)け平和(やは)し、伏(まつろ)はぬ人等を退(そ)け撥(はら)ひて、畝火の白梼原宮に坐しまして、天の下治らしめしき。             (神武記)

 故、天皇崩りまして後、其の庶兄、當藝志美美(たぎしみみの)命、その嫡后(おほきさき)伊須氣余理比賣を娶せし時、其の三はしらの弟を殺さむとして謀(たばか)る間に、其の御祖、伊須氣余理比賣、患ひ苦しみて、歌を以ちて其の御子等に知らしめたまひき。歌曰ひたまひけらく、
  狹井河よ 雲立ちわたり 畝火山 木の葉騷(さや)   ぎぬ 風吹かむとす
とうたひたまひき。又歌曰ひたまひけらく、
  畝火山 晝は雲とゐ 夕されば 風吹かむとぞ 木の  葉騷げる
とうたひたまひき。是に其の御子聞き知りて驚きて、乃ち當藝志美美を殺さむとしたまひし時、神沼河耳命、其の兄神八井耳命に曰ししく、「なね、汝命、兵(つはもの)を持ちて入りて、當藝志美美を殺したまへ。」とまをしき。                            (神武記)

西から

北から

万葉の畝火山