畝火山

   藤原宮の御井(みゐ)の歌
やすみしし わご大王 高照らす 日の皇子 荒栲(あらたへ)の 藤井が原に 大御門 始め給ひて 埴安(はにやす)の 堤の上に あり立たし 見(め)し給へば 大和の 青香具山は 日の經(たて)の 大御門に 春山と 繁(しみ)さび立てり 畝火(うねび)の この瑞山(みづやま)は 日の緯(よこ)の 大御門に 瑞山と 山さびいます 耳成(みみなし)の 青菅山(あをすがやま)は 背面(そとも)の 大御門に 宜しなべ 神さび立てり 名くはし 吉野の山は 影面(かげとも)の 大御門ゆ 雲居にそ 遠くありける 高知るや 天の御蔭(みかげ) 天知るや 日の御蔭の 水こそば 常(とこしへ)にあらめ 御井の清水(ましみづ)(1−52)
   短歌
藤原の 大宮仕へ 生(あ)れつぐや 處女がともは 羨(とも)しきろかも               (1−53)
    右の歌、作者未だ詳(つばひ)らかならず。

上は當麻町から。下は対極線上になる甘橿岡から。

上は藤原京大極殿の南から。下は小墾田宮の趾から

神武陵の参道の途中を西に入った所から