浮草(うきくさ)

   寄物陳思
解衣(とききぬ)の 恋ひ乱れつつ 浮沙(うきまなご)生きてもわれは あり渡るかも(十一ー二五〇四)

うきまなごは浮草と解されている