栂(つが)

   近江の荒れたる都を過ぐる時、柿本朝臣人麿の作る歌
玉襷(たまたすき) 畝火(うねび)の山の 橿原(かしはら)の 日知(ひじり)の御代(みよ)ゆ〈或は云ふ、宮ゆ 〉 生(あ)れましし神のことごと 樛(つが)の木の いやつぎつぎに 天の下 知らしめししを〈或は云ふ、めしける 〉 天(そら)にみつ 大和を置きて あをによし 奈良山を越え〈或は云ふ、空みつ大和を置きあをによし奈良山越えて 〉 いかさまに 思ほしめせか〈或は云ふ、おもほしけめか 〉天離(あまざか)る 夷(ひな)にはあれど 石走(いはばし)る 淡海(あふみ)の國の 樂浪(ささなみ)の 大津の宮に 天の下 知らしめしけむ 天皇(すめろき)の 神の尊(みこと)の 大宮は ここと聞けども 大殿は 此處と言へども 春草の 繁く生ひたる 霞立ち 春日の霧れる〈或は云ふ、霞立ち春日か霧れる夏草か繁くなりぬる 〉 ももしきの 大宮處見れば悲しも〈或は云ふ、見ればさぶしも 〉(一ー二九)

故郷の神社には、今は行われなくなった奉納相撲の土俵の見物席の上に、大きな栂の木が今も聳えている。