杖衝坂

其地より差(やや)少(すこ)し幸行(い)でますに、甚(いと)疲れませるに因りて、御杖を衝(つ)きて稍(やや)に歩みたまひき。故、其地を號けて杖衝(つゑつき)坂と謂ふ。(景行記 倭建命東征)

この坂は尾津崎との関係でいうともっと北に設定される
べきか。