つづら(葛)

駿河(するが)の海磯邊(おしへ)に生(お)ふる濱つづら汝(いまし)をたのみ母に違(たが)ひぬ〈一に云はく、親に違ひぬ 〉                (14−3359)

上毛野(かみつけの)安蘇山葛(あそやまつづら)野を廣み延(は)ひにしものを何(あぜ)か絶えせむ                                 (14−3434)    右の三首(その第一首)は、上野國の歌