橘

(大阪露天神)

興福寺南円堂

大阪市東淀川区で(誉田八幡の橘に同じ)

飛鳥橘寺

ご好意で頂いてきたこの橘の実は酸味が
強いものの(昔の夏蜜柑ととは違ってまろ
やかな酸味で)、それなりに美味しい果物
でした。

大宰の帥大伴卿和する(妻の弔問に訪れた石上朝臣堅魚の歌に対して)歌一首
橘の 花散る里の 霍公鳥 片恋ひしつつ 鳴く日しぞ多き
              (巻八ー一四七三)

記の橘へ