故爾に天津日子番能迩迩藝命(あまつひこほのににぎのみこと)に詔りたまひて、天の石位(いはくら)
を離れ、天の八重たな雲を押し分けて、いつのちわきちわきて、天の浮橋にうきじまり、そりたたして、竺
紫(つくし)の日向(ひむか)の高千穗(たかちほ)のくじふるたけに天降りまさしめき。故爾に天忍日命(あ
めのおしひのみこと)、天津久米命(あまつくめのみこと)の二人、天の石靫(いはゆぎ)を取り負ひ、頭椎
(くぶつち)の大刀(たち)を取り佩(は)き、天のはじ弓を取り持ち、天のまかこ矢を手挾(たばさ)み、御前
(みさき)に立ちて仕へ奉りき。故、其の天忍日命、此は大伴連等の祖。天津久米命此は久米直(あた
え)等の祖なり。

  そこで、天津日子番能邇々芸能命にお命じになって、高天原の神の座を離れ、天に八重なって棚引く
 雲を押し分けて、勢威をもって道を辿られ、高千穂の峯にある天の浮き橋に、島があるかのように、背
 筋を伸ばしてお立ちになり、筑紫の日向の高千穂の神秘的な峯に天降りおさせなった。そのとき、天忍
 日命と天津久米命の二神は石作りの天の靫と梔(はぜ)で作った天の弓を手に持ち、天のまかこ矢を
 手挟んで、天孫の御前に立ってお仕え申し上げた。その天忍日命は大伴連等の祖神であり、天津久米
 命は久米直等の祖神である。
高千穂の峰とは何ものか、具体的な山とすると何処であるか、議論はある。大嘗祭の稲穂の山を象徴的
表現したとする説、宮崎県北部高千穂町の山とする説もあるが、古事記の高千穂のクシフル嶽はやはり
鹿児島県と宮崎県の境にある高千穂の峰とみるのがよいと考える。鹿児島空港や都城あたりからみた姿
がもっとも神秘的な姿にみえると思うが、見る場所によって山の姿が変化することはこの四葉によっても理
解できる。高千穂の二上の峰というのは、高千穂町の高千穂神社の北あたりから、西南にみえる二上の
山がイメージされているのではないかと考える。→二上の嶺へ

高千穂牧場駐車場からみた高千穂峰

御池からみた高千穂峰

佐野神社からみた高千穂峰

高千穂の峯(霧島)

高原町方向からみた高千穂峰