(十一年)冬十月に、宮の北の郊原を掘りて、南の水を引きて西の海に入る。因りて其の水を號けて堀江と曰ふ。又將に北の河のこみを防かむとして、茨田堤を築く。是の時に、両処の築かば乃ち壊れて塞ぎ難き有り。
 時に天皇、夢みたまはく、神有しまして誨へて曰したまはく、「武蔵人強頚〈こはくび〉・河内人茨田連〈まむたのむらじ〉衫子〈衫子、此をばコ呂母能古と云ふ〉二人を、以て河伯に祭らば、必ず塞ぐこと獲てむ」とのたまふ。則ち二人を覓ぎて得つ。因りて、河神に祷る。
 爰に強頚、泣ち悲びて、水に沒りて死ぬ。乃ち其の堤成りぬ。唯し衫子のみは全〈おふし〉匏〈ひさご=瓢箪〉両箇を取りて、塞き難き水に臨む。乃ち両箇の匏を取りて、水の中に投〈なげい〉れて、請ひて曰はく、「河神、祟りて、吾を以て幣とせり。是を以て今吾、来れり。必ず我を得むと欲はば、是の匏を沈めてな泛〈うかば〉せそ。則ち吾、真の神と知りて、親ら水の中に入らむ。若し匏を沈むること得ずは、自づからに僞の神と知らむ。何ぞ徒に吾が身を亡さむ」といふ。是に、飄風〈つむじかぜ〉忽に起りて、匏を引きて水に沒む。匏、浪の上に転ひつつ沈まず。則ちとくすみやかに汎〈うきおど〉りつつ遠く流る。
 是を以て、衫子、死なずと雖も、其の堤亦成りぬ。是、衫子の幹に因りて、其の身亡びざらくのみ。故、時人、其の兩處を號けて、強頚斷間・衫子斷間と曰ふ。                      (仁徳紀)

場所については諸説あるようであるが、寝屋川市太間とする説がある。国道一号線太間交差点付近になるが、ここにはその東北の太間排水場の写真を掲げた。ここは川が南にやや湾曲している。

堤防の上から淀川を臨む

トラックの見えるところが国道1号線

淀川下流を臨む

淀川上流を臨む

 衫 子 の 断 間
(ころものこのたえま)