多賀神社(近江)

故、おのおの依さし賜ひし命のまにまに、知らし看す中に、速須佐之男命、命(よ)させし国を治らずて、八拳須心(むね)の前に至るまで、啼きいさちき。その泣くさまは、青山は枯山の如く泣き枯らし、河海はことごとに泣き乾しき。ここをもちて悪しき神の音(こゑ)は、さ蝿なす皆満ち、万の物の妖ことごとに発りき。故、伊邪那岐大御神、速須佐之男命に詔りたまひしく、「なにしかも汝は事依させし国を治らずて、哭きいさちる」とのりたまひき。爾に答へ白ししく、「僕は妣(はは)の国、根の堅州国に罷らむと欲ふ。故、哭くなり」とまをしき。爾に伊邪那岐大御神、いたく忿怒りて詔りたまひしく、「然らば汝は此の国に住むべからず」とのりたまひて、乃ち神やらひにやらひ賜ひき。故、その伊邪那岐大神は、淡海の多賀(たが)に坐すなり。  (記神代・神生み条)