天平勝寶二年三月一日の暮(ゆふべ)に、
春の苑の桃李の花を眺矚(なが)めて作る二首
わが園の李の花か庭に降るはだれのいまだに殘りたるかも(19-4140)

李(すもも)