菫(すみれ)

    山部赤人の歌四首(の一首)
春の野に 菫摘みにと 来しわれぞ 野を懐かしみ 一夜寝にける     (巻八ー一四二四) 

    高田女王の歌〈高安の女なり〉
山吹の 咲きたる野辺の つほすみれ この春の雨に 盛りなりけり    (巻八ー一四四四)

    大伴の田村の家の大孃、妹坂上大孃に
    与ふる歌一首
茅花抜く 浅茅が原の つほすみれ 今盛りなり吾が恋ふらくは       (巻八ー一四四九)

同志社女子大構内で

山田寺趾で

大伴夫人の墓で

つぼすみれ

すみれ