有間皇子自ら傷みて松が枝を結べる歌二首(第二)
家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る 
                       (巻二ー一四二)

  岳を詠む
片岡の この向つ峯(を)に 椎蒔かば 今年の夏の 陰にならむか 
                    (巻七ー一〇九九)

すだ椎

まて葉椎ーすだ椎より葉も実も大きい

宇治上神社で

下四葉は橿原神宮で

椎(しい)