沢蘭(さわあららぎ)

  天皇と太后と共に大納言藤原の家に幸(いでま)す
  日に、黄葉せる澤蘭(さはあららき)一株を拔き取りて、
  内侍佐佐貴山君(ささきのやまのきみ)に持たしめ、大
  納言藤原卿と陪從(へいじゆ)の大夫等とに遣賜(たま)  ふ御歌一首  命婦誦みて曰はく
この里は 繼(つ)ぎて霜や置く 夏の野に わが見し草は黄葉(もみ)ちたりけり (一九ー四二六八)

=ひよどり