狭岑島(さみねのしま)

    讃岐の狹岑島(さみねのしま)に、石の中に死(みまか)
    れる人を視て、柿本朝臣人麿の作る歌一首并に短歌
玉藻よし 讃岐の国は 国柄か 見れども 飽かぬ 神柄か
ここだ貴き 天地日月とともに 滿(た)りゆかむ 神の御面
(みおも)と 繼ぎて来る 中の水門(みなと)ゆ 船浮けて 
わが漕(こ)ぎ来れば 時つ風 雲居に吹くに 沖見れば 
とゐ波立ち 辺見れば 白波さわく 鯨魚取り 海を恐(かし
こ)み 行く船の 梶引き折りて をちこちの 島は多けど 名
くはし 狹岑の島の 荒磯面に いほりて見れば 波の音の
繁き濱べを 敷栲の 枕になして 荒床に 自伏(ころふ)す
君が 家知らば 行きても告げむ 妻知らば 来も問はましを
玉桙の 道だに知らず おぼぼしく 待ちか戀ふらむ 愛(は)
しき 妻らは                       (二ー二二〇)
     反歌二首
妻もあらば 採(つ)みてたげまし 佐美(さみ)の山 野の上のう
はぎ 過ぎにけらずや                (二ー二二一)
沖つ波 来よる荒磯(ありそ)を 敷栲の 枕と枕(ま)きて 寢
(な)せる君かも                   (二ー二二二)

瀬戸大橋与島パーキングエリアからみた沙弥島
船の右上に見える黒い島。その向こうに薄く見え
るのは讚岐富士。

左奥に柿本人麻呂碑が見える