桜(さくら)


   春三月諸卿大夫等下難波時歌二首[并短歌]
白雲の 立田の山を 夕晩に 打ち越え去かば 瀧の上の 櫻の花は 開きたるは 落り過ぎにけり 含めるは 開き継ぎぬべし こちごちの 花の盛りに 見さずとも かにもかくにも 君のみ行は 今にし有るべし                  (9−1749)
    反歌
暇有らば なづさひ渡り 向つ峯の 櫻の花も 折らましものを                             (9−1750)
    詠花
雉鳴く 高圓の邊に 櫻花 散りて流らふ 見む人もがも                            (10ー1866)
    詠花
見渡せば 春日の野邊に 霞立ち 開き艶へるは 櫻花かも                            (10−1872)
    旋頭歌
春日なる 三笠の山に 月も出ぬかも 佐紀山に 開きたる櫻の 花の見ゆべく                   (10ー1887)

枚方市天の川の上流で 

兵庫県朝来郡和田山町で

平安神宮で

京都御苑で

同志社女子大学で

宇治の塔の島で

同志社大学で

筑波大学で

新居浜市で

京都市北区原谷で