のきしのぶ

わが屋戸(やど)の軒のしだ草生ひたれど戀忘草見れど生(お)ひなく(十一ー二四七五)
 以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

しだ草に比定される