此の時に歌曰(うた)ひけらく、
  宇陀(うだ)の 高城(たかき)に
  鴫罠(しぎわな)張(は)る
  我(わ)が待つや  鴫(しぎ)は障(さや)らず
  いすくはし くぢら障(さや)る
  前妻(こなみ)が肴 (な)乞(こ)はさば
  立柧●(たちそば)の 實(み)の無(な)けくを
  こきしひゑね
  後妻(うはなり)が 肴乞(なこ)はさば
  ■(いちさかき)の 實(み)の多(おほ)けくを
  こきだひゑね
  ええ〈音引け。〉しやごしや
  此(こ)は伊能碁布曾(いのごふぞ)
  ああ〈音引け。〉しやごしや
  此(こ)は嘲咲(あざわら)ふぞ。
 とうたひき。               (神武記)

錦木(→たちそば)