ねむ

  紀女郎の大伴宿禰家持に贈る歌二首(2)
昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木(ねぶ)の花 君のみ見めや 戯奴(わけ)さへに見よ(八ー一四六一)
   右のものは、合歓の花と茅花とを折り攀ぢて
   贈れるなり。
  大伴家持の贈り和(こた)ふる歌二首(2)
吾妹子が 形見の合歓木は 花のみに 咲きてけだしく 実(み)にならじかも(八−一四六三)

   寄物陳思
吾妹子を 聞き都賀野邊(つがのべ)の しなひ合歓木(ねぶ) 吾は隱(しの)び得ず 間無くし思へば(十一ー二七五二)