棗(なつめ)

    詠玉掃鎌天木香棗歌〔長忌寸意吉麻呂歌八首(7)〕
玉掃 苅り來鎌麻呂 室の樹と 棗が本を かき掃かむため                              (16ー3830)
    作主未詳歌一首
梨棗 黍に粟継ぎ 延ふ葛の 後も逢はむと 葵花咲く                                 (16−3834)
・棗が実り、に続いても稔るように君に会っているが、野に這うのように後も逢おうと、〈あふひ=逢ふ日〉の花が咲くことだ〉