夏藤(なつふじ)

  大伴宿禰家持の、時じき藤の花と萩の黄葉(もみち)と
  の二物(ふたつ)を攀ぢて坂上大孃に贈る歌二首
わが屋前(やど)の 時じき藤の めづらしく 今も見てしか
妹が咲容(ゑまひ)を               (8−1627)
わが屋前の 萩の下葉は 秋風も いまだ吹かねば
斯(か)くそ黄変(もみ)てる       (8−1628)
   右の二首は、天平十二年庚辰夏六月に往来す。