作主未詳歌一首
梨棗 黍に粟つぎ 這ふ葛の 後も逢はむと 葵花咲く                 (十六ー三八三四)
〈梨・が続き、野に這うのように、後にも逢いたいというので、「逢ふ日」というの花が咲いていることだ〉 
梨(なし)

揚子江の上流沿いで

上下は京田辺市大住の近くで

春日大社神苑で