黄葉(もみぢ)

梨木神社

二尊院

同志社女子大学

清涼寺(釈迦堂)

二葉は栂尾

高山寺の黄葉

神護寺

三葉は常寂光寺

以下神護寺

   柿本朝臣人麿、妻死(みまか)りし後、泣血哀慟して作る歌二首并に短歌
天飛ぶや 輕の路は 吾妹子が 里にしあれば ねもころに 見まく欲しけど 止まず行かば 人目を多み 數多(まね)く行かば 人知りぬべみ 狹根葛 後も逢はむと 大船の 思ひ憑みて 玉かぎる 磐垣淵の 隱りのみ 戀ひつつあるに 渡る日の 暮れ行くが如 照る月の 雲隱る如 沖つ藻の 靡(なび)きし妹は 黄葉(もみちば)の 過ぎて去(い)にきと 玉梓の 使の言へば 梓弓 聲(おと)に聞きて〈一に云ふ、聲のみ聞きて 〉言はむ術 爲むすべ知らに 聲のみを 聞きてあり得ねば わが戀ふる 千重の一重も 慰むる 情もありやと 吾妹子が 止まず出で見し 輕の市に わが立ち聞けば 玉襷(たまたすき) 畝火の山に 鳴く鳥の 聲(こゑ)も聞えず 玉桙の 道行く人も 一人だに 似てし行かねば すべをなみ 妹が名喚びて 袖そ振りつる〈或る本、名のみ聞きてあり得ねばと いへる句あり 〉(二−二〇七)
   短歌二首
秋山の 黄葉(もみち)を茂み 迷ひぬる 妹を求めむ 山道知らずも〈一に云ふ、路知らずして 〉                   (二−二〇八)
黄葉(もみちば)の散りゆくなべに玉梓の使を見れば逢ひし日思ほゆ     (二−二〇九)