樅(もみ)

322
  山部宿禰赤人、伊豫の温泉(ゆ)に至りて作る歌一首 并に短歌
皇神祖(すめろき)の 神の命の 敷きいます 国のことごと 湯はしも 多(さは)にあれども 島山の 宜しき国と こごしかも 伊豫の高嶺の 射狹庭(いざには)の 岡に立たして 歌思ひ 辞(こと)思はしし み湯の上(へ)の 樹群を見れば 臣の木も 生ひ継ぎにけり 鳴く鳥の 声も変らず遠き代に 神さびゆかむ 行幸処(いでましどころ)   (三ー三二二)
  反歌
ももしきの 大宮人の 飽田津(にきたつ)に 船乗しけむ 年の知らなく     (三ー三二三)

上の一葉は同志社女子大学今出川校地で
他は奈良女子大学で