御上神社

 (日子坐王が)又近淡海(ちかつあふみ)の御上(みかみ)の祝(はふり)が以(も)ち伊都玖(いつく)、天之御影(あめのみかげの)神の女、息長水依(おきながのみづより)比賣を娶して、生める子は、丹波比古多多須美知能宇斯(たにはのひこたたすみちのうしの)王。次に水之穗眞若(みづのほのまわかの)王。次に神大根(かむおほねの)王。亦の名は八瓜入日子(やつりのいりひこの)王。次に水穗五百依(みづほのいほより)比賣。次に御井津(みゐつ)比賣。〈五柱〉   (開化記・日子坐王の系譜)