葛(くず)

   四年丁卯春正月、諸王諸臣子等に勅して、
   授刀寮に散禁せしむる時に、作る歌一首
   短歌をあはせたり
(まくず)はふ 春日の山は うちなびく 春さりゆくと山の上(へ)に 霞棚引き 高円(たかまと)に 鴬鳴きぬもののふの 八十伴の 男は 雁が音の 来継ぐこの頃かく継ぎて 常にありせば 友並(な)めて 遊ばむものを馬並(な)めて 行かまし里を 待ちがてに わがせし春をかけまくも あやに畏く 言はまくも ゆゆしくあらむと あらかじめ かねて知りせば 千鳥鳴く その佐保川に 石(いは)に生ふる の根取りて しのふ草 解除(はら)へてましを 往く水に 禊(みそ)ぎてましを 大君の 御命(みこと)恐み ももしきの 大宮人の 玉桙の 道にも出でず 戀ふる此の頃      (巻六ー九四八)
    反歌一首
梅柳 過ぐらく惜しみ 佐保の内に 遊びしことを 宮もとどろに                           (九四九)
    右は、神亀四年正月、数王子また諸臣子等、
    春日野に集(つど)ひて、打毬(まりうち)の樂
    を作す。その日忽に天陰り雨ふり、雷なり電(い
    なびかり)す。この時に宮の中に侍從と侍衞と
    無し。勅して刑罰に行ひ、皆授刀寮に散禁して
    妄(みだ)りて道路に出づることを得ずあらしむ。
    時に悒憤して、この歌を作る。作者詳らかなら
    ず

     山上臣憶良の、秋の野の花を詠む二首
秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき數ふれば七種(ななくさ)の花△そ其の一    (巻八−一五三七)
(はぎ)の花 尾花葛花瞿麥(をばなくずばななでしこ)の花 女郎花(をみなへし)また藤褌 朝貌(ふぢばかまあさがほ)の花           其の二(巻八ー一五三八)

    草に寄す
眞田葛(まくず)延(は)ふ 夏野の繁く 斯(か)く戀ひば まことわが命 常ならめやも     (巻十ー一九八五)

    花を詠む
眞葛原(まくずはら) なびく秋風 吹くごとに 阿太(あだ)の大野の 萩の花散る        (巻十ー二〇九六)

    作主未詳歌一首
梨棗 黍に粟継ぎ 延ふ葛の 後も逢はむと葵花咲く                         (巻一六ー三八三四)
が実り、に続いても稔るように君に会っているが、野に這うのように後も逢おうと、〈あふひ=逢ふ日〉の花が咲くことだ〉