栗

故郷の姪の写してくれた栗

是に天皇、其の大御酒盞を取らしめ任(なが)ら御歌曰(みうたよ)みしたまひしく、
  この蟹(かに)や 何處(いづく)の蟹
  百傳(ももづた)ふ 角鹿(つぬが)の蟹
  横去(よこさ)らふ 何處(いづく)に到る
  伊知遲(いちぢ)島 美(み)島に著(と)き
  鳰鳥(みほどり)の 潛(かづ)き息づき
  しなだゆふ 佐佐那美路(ささなみぢ)を
  すくすくと 我(わ)が行(い)ませばや 
  木幡(こはた)の道に 遇(あ)はしし孃子
  後姿(うしろで)は 小楯(をだて)ろかも
  齒並(はな)みは 椎菱なす
  櫟(いちひ)井の 丸迩坂(わにさ)の土(に)を
  初土(はつに)は 膚(はだ)赤らけみ
  底土(しはに)は 丹黒(にぐろ)き故
  三つ栗の その中つ土(に)を
  かぶつく 眞火(まひ)には當(あ)てず
  眉畫(まよが)き 濃(こ)に畫(か)き垂れ
  遇はしし 女人
  かもがと 我(わ)が見し子ら
  かくもがと 我(あ)が見し子に
  うたたけだに 對(むか)ひ居るかも
  い添(そ)ひ居(を)るかも
とうたひたまひき。如此(かく)御合(みあひ)したまひて、生みませる御子は、宇遲能和紀郎子なり。

大は栽培された栗、小は柴栗

万葉の栗へ