栗

  子等を思ふ歌一首 序を并せたり
   釋迦如來い、金口(こんく)に正に説き
  たまはく、等しく衆生を思ふこと、羅ゴ羅
  (らごら)の如しとのたまへり。又説きた
  まはく、愛は子に過ぎたりといふこと無し
  とのたまへり。至極の大聖すらなほし子
  を愛(うつく)しぶる心あり。況むや世間
  の蒼生(あをひとくさ)の、誰かは子を愛
  しびずあらめや。
瓜食(は)めば 子ども思ほゆ 食めば まして偲はゆ 何処(いづく)より 來りしものそ 眼交(まなかひ)に もとな懸りて 安眠(やすい)し寢(な)さぬ             (五ー八〇二)
  反歌
銀(しろかね)も 金(くがね)も玉も 何せむに 勝(まさ)れる宝 子に及(し)かめやも                         (五ー八〇三)

栗の実の写真三葉は柴栗

小さいのが柴栗

記紀の栗へ