このてがしわ

  佞人(ねぢけひと)を謗る歌一首
奈良山の 兒手柏(このてがしは)の 両面(ふたおもて)にかにもかくにも 佞人の徒(とも)(十六ー三八三六)
   右の歌一首は、博士消奈(せな)行文大夫作れり。

若木の間は桧の葉を縦に立てたような葉で、確かに両面といえる葉をもっている。