爾に「其の形は如何(いかに)。」と問ひたまへば、
答へ白ししく、「彼
(そ)の目は赤加賀智(あかかがち)
の如くして、身一つに八頭八尾
(やかしらやを)有り。
亦其の身に
(こけ)と桧(ひ)・榲(すぎ)と生(お)ひ、
其の長
(たけ)は谿八谷峽八尾(たにやたにをやを)に度
(わた)
りて、其の腹を見れば、悉に常に血爛(ただ)
つ。」とまをしき。此に赤加賀知と謂へるは、今の酸醤
(ほおづき)なり。  (古事記神代 八俣遠呂智)

蘿(こけ)