楸(きささげ)

大阪市立大学で        

    山部宿祢赤人作歌二首[并短歌]
八隅知し わご大王の 高知らす 芳野の宮は たたなづく 青垣隠り 河なみの 清き河内ぞ 春部は 花咲きををり 秋去れば 霧立ち渡る 其の山の いや益々に この河の 絶ゆる事なく ももしきの 大宮人は 常に通はむ                  (6−923)
    反歌二首
み吉野の 象山の際の 木末には ここだも騒く 鳥の聲かも                  (6−924)
ぬば玉の 夜の深けゆけば 久木生ふる 清き河原に千鳥しば鳴く              (6−925)

   花を詠む
去年咲きし 久木今開く いたづらに 土にか落ちむ 見る人なしに           (10−1863)

梓・久木に比定される植物の一つ。
アメリカ種はカタルパ

通勤の途中、大阪国際大学の近くで(他の三葉も)

同志社女子大学新島記念講堂前のカタルパ