黍(きび)

  作主未詳歌一首
梨棗 に粟つぎ 這ふ葛の 後も逢はむと 葵花咲く              (一六ー三八三四)
が実り、に続いても稔るように君に会っているが、野に這うのように後も逢おうと、〈あふひ=逢ふ日〉の花が咲くことだ〉