樫(かし)

  河内の大橋を獨り去く娘子(をとめ)を見る
  歌一首 短歌を并せたり
級照(しなて)る 片足羽川(かたしはがは)の さ丹塗の 大橋の上ゆ 紅の 赤裳裾引き 山藍(あゐ)もち 摺(す)れる衣着て ただ獨り い渡らす兒は 若草の 夫(つま)かあるらむ 橿の実の 獨りか寢(ぬ)らむ 問はまくの 欲しき我妹(わぎも)が 家の知らなく                         (一七四二)
  反歌
大橋の 頭(つめ)に家あらば うらがなしく 獨り行く兒に 宿貸さましを             (一七四三)