下二葉と右は天武陵近くの枳殻

枳殻(きこく=からたち)

枳殻は、山田耕筰作曲の歌でよく知られている。
青い実は弾力があり、よく跳ね返るので、子供の
頃は取って遊んだものである。

  忌部首の、数種の物を詠む歌一首 名は忘失
  せり
  (忌部の首が、数種類の物を詠み込んだ歌一首)

枳(からたち)の 棘原(うばら)刈り除(そ)け 倉立
てむ 屎(くそ)遠くまれ 櫛(くし)造る刀自(とじ)
                   (十六ー三八三二)

(枳殻の茨を刈り除いて倉を建てようと思う、屎はそ
こから遠く離れたところでせよ 櫛を作っている小母
さんよ)

下二葉は東山の熊野若王子神社の生垣

以下の四葉は大聖寺門跡の塀沿いに植えられた枳殻