山部宿禰赤人の歌一首
わが屋戸に 幹藍(からあゐ)植ゑ生(おほ)し 枯れぬ
れど 懲りずてまたも 蒔(ま)かむとそ思ふ
                          (3−384)

  花に寄す
秋さらば 写しもせむと わが蒔きし 韓藍(からあゐ)
の花を 誰か採(つ)みけむ        (7−1362)

恋ふる日の け長くあれば わが園の 辛藍(からあゐ)
の花の 色に出でにけり         (10−2278)

  寄物陳思
隱りには 恋ひて死ぬとも 御苑生(みそのふ)の 鷄冠
草(からあゐ)の花の 色に出でめやも (11−2784)
鶏頭(韓藍)