葎(むぐら)

  大伴の田村家の大孃、妹坂上大孃に贈る歌四首(第四首目)
いかならむ時にか妹を生(むぐらふ)のきたなき屋戸に入りいませなむ(四ー七五九)
   右、田村大孃と坂上大孃と、并に右大辨大伴宿奈麿卿の女そ。卿、田村の里に居(す)む。號(な)を田村大孃と曰ふ。但し、妹坂上大孃は、母、坂上の 里に居む、仍りて坂上大孃と曰ふ。時に姉妹諮問(とぶら)ひに、歌を以ちて贈答す。

葎に比定されるかなむぐら