かくれみの

御綱柏に比定される植物の一つ

此れより後時、大后豊楽(とよのあかり)したまはむとして、御綱柏(みつながしは)を採りに、木国に幸行でましし間に、天皇、八田若郎女と婚ひしたまひき。是に大后、御綱柏を御船に積み盈(み)てて、還り幸でます時、水取司(もひとりのつかさ)に駈使(つか)はえし吉備国の兒島の仕丁(よぼろ)、是れ己が国に退(まか)るに、難波の大渡に、後れたる倉人女の船に遇ひき。乃ち語りて云ひしく、「天皇は、比日(このごろ)八田若郎女と婚ひしたまひて、昼夜戯れ遊びますを、若し大后は此の事聞し看(め)さねかも、靜かに遊び幸行でます」といひき。爾に其の倉人女、此の語る言を聞きて、即ち御船に追ひ近づきて、状(ありさま)を具さに、仕丁の言の如く白しき。是に大后大(いた)く恨み怒りまして、其の御船に載せし御綱柏は、悉に海に投げ棄(う)てたまひき。故、其地を号けて御津前(みつのさき)と謂ふ。即ち宮に入り坐さずて、其の御船を引き避(よ)きて、堀江に泝(さかのぼ)り、河のまにまに山代に上り幸でましき。(仁徳記)