又御歌よみしたまひしく、
  水溜(た)まる 依網(よさみ)の池の
  堰杙打(ゐぐひう)ちが 插しける知らに
  蓴繰(ぬなはく)り 延(は)へけく知らに
  我が心しぞ いや愚(をこ)にして
  今ぞ悔しき
とうたひたまひき。    (応神記・髪長比売)

 また、応神天皇がお歌をお歌いになるには、
  水の溜まっている 依網の池の
  堤の杭を打つ男が 杭を刺したのを知らないで
  蓴菜を取る男が 手を延ばしているのを知らないで
  私の心はまあ 愚かなことであって
  今になって悔しい思いをしている
とお歌いになった。
  (大鷦鷯命に日向から妻にしようと呼び寄せた
   髪長比売を所望されて、与えるときの歌とする)

蓴菜(じゅんさい)