出石神社

 三年の春三月に、新羅の王の子天日槍来帰れり。将て来る物は、羽太の玉一箇・足高の玉一箇・鵜鹿鹿の赤石の玉一箇・出石の小刀一口・出石の桙一枝・日鏡一面・熊の神籬一具、并せて七物あり。則ち但馬国に蔵めて、常に神の物とす。一に云はく、初め天日槍、艇に乗りて、播磨国に泊りて、宍粟邑に在り。時に天皇、三輪君が祖大友主と、倭直の祖長尾市とを播磨に遣して、天日槍を問はしめて曰はく、「汝は誰人ぞ、且、何の国の人ぞ」とのたまふ。天日槍対へて曰さく、「僕は新羅国の主の子なり。然れども日本国に聖皇有すと聞りて、則ち己が国を以て弟知古に授けて化帰り」とまうす。仍りて貢献る物は、葉細の珠・足高の珠・鵜鹿鹿の赤石の珠・出石の刀子・出石の槍・日鏡・熊の神籬・膽狭浅の大刀、并せて八物あり。仍りて天日槍に詔して曰はく、「播磨国の宍粟邑と、淡路島の出浅邑と、是の二の邑は、汝任意に居れ」とのたまふ。時に天日槍、啓して曰さく、「臣が住まむ処は、若し天恩を垂れて、臣が情の願しき地を聴したまはば、臣親ら諸国を歴り視て、則ち臣が心に合へるを給はらむと欲ふ」とまうす。乃ち聽したまふ。是に、天日槍、菟道河より泝りて、北近江国の吾名邑に入りて、暫く住む。復更近江より若狭国を経て、西但馬国に到りて則ち住処を定む。
                             (垂仁紀)