稲・稲田

    但馬皇女高市皇子の宮に在しし時、穂積皇子
    を思ほして御作せる歌一首
秋の田の 穂向きの縁れる 異縁りに 君に縁りなな 言痛くありとも
                 (巻二ー一一四)
      水田に寄す
住吉の 岸を田に墾り 蒔きし稲 さて刈るまでに逢はぬ 君かも
               (巻十ー二二四四)
秋の田の 穂の上に置ける 白露の 消ぬべくも 吾は 思ほゆるかも
              (巻十ー二二四六)