伊吹山

 故、ここに御合したまひて、その御刀(みはか
し)の草那芸劒(くさなぎのたち)を、その美夜受
比売の許に置きて、伊服岐能(いぶきの)山
神を取りに幸行でましき。是に詔りたまひしく、「
この山の神は、徒手(むなで)にただに取りてむ」
とのりたまひて、その山に騰(のぼ)りましし時、白
猪、山の辺に逢へり。その大きさ牛の如くなりき。
ここに言擧(ことあげ)して詔りたまひしく、「この白
猪に化れるは、その神の使者ぞ。今殺さずとも、
還らむ時に殺さむ」とのりたまひて騰り坐しき。こ
こに大氷雨(おほひさめ)を零らして、倭建命を打
ち惑はしき。此の白猪に化れるは、その神の使
者に非ずて、その神の正身に当りしを、言擧に因
りて惑はさえつるなり。故、還り下り坐して、玉倉
部(たまくらべ)の清泉(しみづ)に到りて息(いこ)
ひ坐しし時、御心ややに寤(さ)めましき。故、其
の清泉を号けて、居寤(ゐさめ)の清泉と謂ふ。
                       (記・景行)

関ヶ原へ抜ける道から

養老方面から

奥伊吹(関ヶ原へ向かう道)