藤袴 (ふじばかま)

  山上臣憶良の、秋の野の花を詠む二首
秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば七種(ななくさ)の花 其の一(8−1537)
萩(はぎ)の花 尾花葛花(をばなくずばな) 瞿麥(なでしこ)の花 女郎花(をみなへし) また藤袴朝貌(ふぢばかまあさがほ)の花 其の二(8−1538)

最初の写真は通勤途中で見かけた藤袴 です。藤袴 であると思って撮った「ひよどり」との違いは葉にあります。藤袴 は三つに裂けていました。

ひよどり

上下二葉は奈良県立万葉文化館で