豊後国 海部の郡

穗門(ほと)の郷(さと)
郡(こほり)の南にあり。

 昔者(むかし)、纏向(まきむく)の日代
(ひしろ)の宮(みや)に御宇(あめのしたしろ)
しめしし天皇(すめらみこと=景行天皇)、御船
(みふね)を
此の門(と)に泊(は)てたまひしに、
海の底(そこ)に海藻(め)多(さは)に生(お)
ひて、長く美(うるは)しかりき。即(すなは)ち、
勅(の)りたまひしく、「最勝海藻(ほつめ)〈保都
米(ほつめ)と謂(い)ふ〉を取(と)れ」とのり
たまひて、便(すなは)ち、御(みをし)に進
(たてまつ)らしめたまひき。因(よ)りて最勝海藻
(ほつめ)の門(と)といひき。今、穗門(ほと)と
謂(い)ふは、訛(よこなま)れるなり。

                   (豊後国風土記海部郡条)

昔、景行天皇が乗船をこの水門(港)に停泊させなさった
時、海底に海藻が沢山生えていて、長く美しかった。
そこで、最勝海藻(ほつめ)を採れとおしゃり、食事に
調進させなさった。この故事から、最勝海藻(ほつめ)の
門(と)というようになった。今、穂門(ほと)というのは、
それが変化したのである。

保戸島に向き合う岬の南側、佐伯市上浦に「最勝海浦」と
いう大字があり、「にいなめうら」と呼ばれている。

穂門島

大分県津久見市保戸島

この狭い海峡(門)で津久見市の岬から
隔てられている